異業種交流パーティーでの出会い

異業種交流パーティーでの出会い


異業種交流パーティーは、大きく2つのタイプに分かれます。

1つはビジネス上の人脈作りのみを目的としたパーティーで、もう1つは男女の出会いを目的としたパーティーです。

女性と出会うためには、後者のパーティーに参加をする必要があります。

見分け方ですが、男女ともに参加費に違いがない異業種交流パーティーは、ビジネス上での人脈を作るためのパーティーです。

そして、男性が5,000円で、女性が2,000円のように男女の参加費に違いがある異業種パーティーは、男女の出会いを目的としたパーティーになります。

出会いを目的とした異業種交流パーティーは、カップリングパーティーに似ていますが、大きな違いは完全フリータイム制を設けている点です。

カップリングパーティーの場合は、時間を区切って女性と話をするパターンが多いのですが、異業種交流パーティーの場合は、完全フリータイム制ですので、自ら女性に声を掛けて話をする必要があります。

カップリングパーティーと違って、女性と間単に連絡先を交換することができますが、女性も多くの男性に連絡先を教えているので、上手く差別化を図ることができないと、後日連絡をしても会ってもらえません。

この手のパーティーでは、「女性とどんな話をするか?」が重要になってきます。

ほとんどの男性は、女性に以下のようなことを聞きます。

・どんな仕事をしているのか?(学生なら何を学んでいるか?)

・どこに住んでいるか?どこで働いているか?

・年齢は何歳か?

パーティーでは、女性は多くの男性にこのような質問をされるので、飽き飽きしているのが正直なところです。

そんな状況だからこそ、他の男性とは違う話ができれば、「この人は他の男性と違うかも?」と思わせることができます。

例えば以下のような話をすると、差別化を図ることができます。

・お互いの趣味の話

・好きなお笑い芸人の話

・似ている芸能人の話

初対面では話さないようなことをあえて話すことで、インパクトを与えるとができます。

女性も多くの男性と連絡先を交換するので、誰か誰だかわからなくなってしまいますが、「趣味の○○について話をした○○です」と連絡をすれば、思い出してもらえます。

是非、試してみて下さい!
page top