ナンパでの出会い

ナンパでの出会い


ナンパほど効率的に美女と出会える方法はありません。

なぜなら、ナンパの場合はこちらが声を掛ける女性を選べるからです。

ナンパは数をこなさないと結果を出せないというデメリットもありますが、逆に数をこなせばいくらでも出会いのチャンスを作ることができます。

野球で例えるなら、いくら打率が低くても、たくさん打席に立てば、いつかはヒットを打てるのと同じです。

ナンパをするのに相応しいのは、夜の街です。

よくテレビドラマで、BARでナンパをするシーンがありますが、実際には女性に声を掛けて失敗をしようものなら、恥ずかしくてその場にはいられません。

その点、街であれば、声を掛けた女性は去っていきますので、次から次に新しい女性に声を掛けることができます。

また、声を掛けた女性と親交を深めるためには、そのまま飲みに行くのがベストですが、真昼間だとそれができません。

ナンパをする場所もビジネス街のど真ん中ではなく、居酒屋が多い繁華街の方が向いています。

ナンパにおいて重要なのは、まずは女性の足を止めて話をすることです。

第1声からモロにナンパだと分かるような声の掛け方だと、条件反射的に女性にお断りされてしまいます。

そこで使えるのが、道を聞くフリをしてナンパをするテクニックです。

まずは、ターゲットの女性に道を聞くつもりで声を掛けます。

ほとんどの女性は足を止めて、道を教えてくれます。

そこからは、どこまで粘ったかが勝負の分かれ道です。

ポイントは、ナンパと思われないように声を掛けることです。

以下、ナンパのトーク例です。

■男性:すみません、この辺に○○って飲み屋ありませんか?

■女性:すぐそこですよ。

■男性:ありがとうございます。よかったら一緒に飲みに行きませんか?

■女性:えっ(汗) → ここから粘りましょう。

慣れてしまえば、ナンパなんて何てことはありません。

是非、試してみて下さい!
page top