人としての器が大きい

人としての器が大きい


人としての器が大きい男性は、女性からモテます。

器が大きい人とは、小さなことを気にしない人のことです。

ちょっとしたことで腹を立てる男性は、女性から器の小さい人間だと思われてしまいます。

例えば、飲食店で注文をした料理が遅いと店員にキレたり、車を運転中に道路が渋滞していると、イラついて舌打ちするような男性は、まさに器の小さい人間の代名詞です。

器の小さい人には、余裕が感じられません。

余裕の感じられない男性には、頼りがいも感じられないので、女性から恋愛の対象外とされてしまうのです。

ほとんどの女性が、結婚したい男性の条件に「すぐ怒らない」を挙げています。

勘違いの無いように言っておきますが、飲食店で店員に注意をするのが、いけないと意味ではありません。

サービスを提供する側に落ち度があるのであれば、注意をすること自体は、決してマイナスにはなりません。

言い方の問題です。

注文した料理が遅いのであれば、普通に『料理がまだ来ないんですけど』と伝えれば、しっかりと言いたいことの言える頼れる男性だと思われます。

しかし、『いつになったら料理来るんだよ?』や『料理をとっとと持ってこいよ』みたいに、あからさまに嫌味な態度で店員に注意していると、器の小さい人間だと思われてしまいます。

日常生活でのトラブルの対処にしても、一工夫するだけで器の大きさをアピールすることができます。

感情を上手くコンロールできる男性は、大人として見てもらえますが、いつも感情をむき出しにしている男性は、いくら年を重ねても子供にしか見られません。

言うまでもありませんが、女性は大人の男性が好きなのです。
page top