気持ちが重いと思われないようにする

気持ちが重いと思われないようにする


意中の女性を思うあまり、気持ちが重いと思われてフラれてしまう男性は多いです。

例えば、交際の申し出をする時に「本当に本当に好きなので付き合って下さい!」なんて言おうものなら、女性から気持ちが重いと思われてしまいます。

多くの女性は本気で愛してくれる男性を求めているのは事実ですし、女性も本気モードの恋愛を望んでいる方がほとんどです。

ですが、「付き合ってみないと合うかわからない」というのが女性の本音なのです。

もちろん、付き合う前にお互いの相性をある程度は確認をすることはできます。

しかし、本当に合うかどうかは付き合ってみないとわからないものなのです。

多くの女性は、交際が成立した後も「相性が合うか?」を引き続き確認したいと考えているので、あまりにも重く感じられるような告白をされると「合わなかった時にどうしよう?」という迷いが生まれて、今断るべきだという判断をしてしまうのです。
付き合ってからも同じことが言えます。

付き合って間もないのに、彼女を思うあまり毎回毎回「愛している」「好き」という言葉を連発していたら、やはり気持ちが重いと思われてしまいます。

どれだけ相手の女性を想っていたとしても、言葉や行動で「重い」 と思われなくする工夫が必要です。

例えば「好き」という言葉にしても、毎回口にしていたら重いと思われてしまいますが、たまに口にする分には女性を喜ばせることができます。

モテる男の多くは、「愛している」「好き」なんて言葉を滅多に口にしません。

そのような言葉は、たまに口にするからこそ価値があることを知っているからです。
page top