モテない原因を探る

モテない原因を探る


大前提ですが、女性と恋愛関係を発展させることができないのというのは結果であり、結果には原因があります。

例えばですが、毎回女性を1回目のデートに誘うことはできるのに、2回目のデートに誘っても上手くかわされたり、音信不通になってしまうのは、デート自体に問題があることが考えられます。

そもそも男性が女性をデートに誘って、女性が応じてくれるのは、少なからずその男性に好意を持っているからです。

デートをしても女性との関係を発展させられないのは、デート中の会話やしぐさ、デート場所に問題があって、女性から恋愛対象ではないと判断されてしまっているからです。

まず、「どこでつまずいたか?」を細かく見ていくと、女性からモテない原因を探ることができます。

もっと言うと以下のプロセス毎に原因分析をすれば、モテない原因を追求することができます。

■デートに誘う

↓  ↓  ↓ 

■1回目のデート

↓  ↓  ↓

■2回目のデート

↓  ↓  ↓

■恋愛関係の成立

まず、≪デートに誘う≫ですが、合コンや知人の紹介などで知り合った女性を、デートに誘っても応じてもらえないようでしたら、それは、発対面での女性との接し方に問題があったと考えれます。

例えばですが、

・楽しませて上げられなかった

・女性が引く話をしてしまった

・自慢話ばかりしてしまった

などの原因が考えれます。

≪1回目のデート≫と≪2回目のデート≫でつまずくのは、デートの内容そのものに問題があって、女性から恋愛対象ではないと判断されてしまった可能性が高いと考えられます。

例えばですが、

・自分からデートに誘ったくせに、1回目のデートから割り勘にしてしまった

・お店を予約していなかったことで、店先で女性を待たせてしまった

・女性がヒールを履いているのに歩くのが早かった

などの原因が考えれます。

しかしながら、これはあくまで考えられる原因で、事実かどうかは分かりません。

女性に「どこがダメだった?」と聞くことができれば、事実を確認することができますが、それは不可能です。

ここで大切なのは、出会ってから恋愛関係が成立するまでのプロセスにおいて、「どこがダメだったのか?」仮説を立てることです。

恋愛はビジネスと非常に似ています。

■結果(フラれた)

↓  ↓  ↓

■原因分析(仮説を立てる)

↓  ↓  ↓

■再チャレンジ

↓  ↓  ↓

■結果(恋愛関係が成立した)

これの繰り返しです。

女性にモテないという事実を真摯に受け止めて、原因分析と対策を繰り返すことで、モテる男になっていくのです。
page top