女性の名前の呼び方を工夫する

女性の名前の呼び方を工夫する


名前の呼び方1つで、女性との距離が近くもなれば遠くもなります。

例えば、女性とのデート中にずっと『さん』付けで名前を呼んでいるようでは、一向に男女の距離は縮まりません。

親しい同性の友達の名前を呼ぶ時には、『さん』は付けないのと同じで、意中の女性と早く親しくなりたかったら、名前の呼び方を工夫する必要があります。

一番ベストなのは『ちゃん』付けで呼ぶことです。

『さん』付けは男女の距離が遠すぎる感じになってしまいますし、いきなり女性の名前を呼び捨てにするのも、馴れ馴れしいと思われてしまう場合があります。

女性との距離を縮めたかったら、早いタイミングで『ちゃん』付けで呼ぶようにしましょう。

また、名前を呼ぶ時は、下の名前で呼ぶようにしましょう。

苗字に『ちゃん』を付けて呼ぶのは、とても不自然です。

稀にニックニームで呼びたがる男性がいますが、実はニックニームはあまりオススメできません。

友達色が強すぎて、男女の関係ではなく友達関係に発展してしまう場合があるからです。

それと余談ですが、交際成立後は早いタイミングで名前を呼び捨てにするようにしましょう。

その方が、お互いに付き合っていることを意識するようになります。
page top